【Radio】

東京ガスの企業CM「エネルギーのうた」

東京ガスが2016年からの電力自由化に伴い、
電気をはじめたことをお知らせするために南壽あさ子が作曲した「エネルギーのうた」。

ラジオCMではわずか60秒だったが、暖かな旋律と透明感のある唄声にのせた
「人間にはなれないから 130年ずっとそばで支えてきた」という
胸を突くような言葉選びが印象的で、オンエア後、音源化を望む声が殺到。

 

南壽本人の強い意向もあり、共同で作詞をした
コピーライターの武田さとみと共にフルバージョンの詞をつくり、
人間の一日を健気に見守る存在がより一層際立つ名作が完成した。


音源化に併せて、若手アニメーション作家・若井麻奈美を起用した
プロモーションショートムービーも制作。心をじんわりとあたためる映像に注目。


エネルギーのうた(弾き唄いVer.)/ 東京ガスCMソング
 

 

 

 

2016.7.28 配信スタート「エネルギーのうた」 

2018.3.25 新バージョン公開「エネルギーのうた(広がっていますver)」篇

 

2019.12.20 新ラジオCMにナレーションで参加しました

「今年は休みのクリスマス」篇(~2019.12.25)
東京ガスのひと「カバンが軽い帰り道」篇 (~2020.12.19)
東京ガスのひと「先輩の背中」篇 (~2020.12.19)
障がい者スポーツ「暗闇水泳」篇 (~2020.12.19)

  • nasuasacoYouTube
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram

© 2020 qbism